<学会共催イベント>障害学国際セミナー2022:東アジアの障害者の地域での自立生活 ZOOM

障害学会が共催する、日本、韓国、中国、台湾の東アジアを対象とする研究セミナーのお知らせです。奮ってご参加ください。一部だけの参加も大歓迎です。
また、関心のある方への情報提供を歓迎します。

「障害学国際セミナー2022」

「障害者の地域での自立生活」をテーマとして2022年2月26日・27日、ZOOM開催です。
会議の言語は、日本語、韓国語、中国語(同時通訳)です。手話通訳と文字通訳があります。

(1)自立生活運動、(2)家族、(3)セクシャリティ・リプロダクティブライツ、(4)精神障害といった切り口で地域での自立生活実現の方策を探ります。

学会からの参加は、石川会長の開会挨拶のほか、基調報告は熊谷理事(研究企画委員長)、立岩理事(前会長)、また、報告・発言には桐原会員、大谷会員が含まれ、総合司会は長瀬理事(国際委員長)が務めます。

プログラムは下記をご覧ください。
http://www.arsvi.com/a/20220226.htm

登録方法等は下記をご覧ください。


■登録方法【ご利用しやすい方をお選び下さい】
Google Form より
https://forms.gle/sczQ14c9akLB4dCS8

(2)生存学研究所オンライン運営事務局
seizongakukikakuあっとまーくgmail.com

まで

※参加にも、登録にも費用はかかりません。
※2021年2月24日(木)正午までに、ご登録下さい。回線の都合上、先着125名までとなります。
※ご登録いただけたら、参加に必要なURLを、前日25日の午後にお送りします。
※Google Formから返信が必ずあります。返信がない場合は

立命館大学生存学研究所オンライン運営事務局
seizongakukikakuあっとまーくgmail.com
まで、ご連絡下さい。

●日時:2022年2月26日(土)
9:20~ Zoom への入室開始
9:30~ 配信開始
9:30~17:15 オンラインセミナーの傍聴
(12:00~13:00 お昼休憩、15:00~15:15 休憩)

●日時:2022年2月27日(日)
9:50~ Zoom への入室開始
10:00~ 配信開始
10:00~16:30 オンラインセミナーの傍聴
(12:00~13:00 お昼休憩、15:00~15:15 休憩)

■視聴の際に注意していただきたい点
必ず、ビデオとマイクをオフにして下さい。
手話通訳が必要な方は、表示方法を「スピーカービュー」ではなく「ギャラリービュー」とすることをお勧めいたします。
視聴者の機材や通信環境により、映像や音声の乱れ、停止等が起こる場合があります。特にWi-Fi/無線LAN環境で視聴される方はご注意下さい。
携帯電話回線での視聴は推奨しません。やむを得ずスマートフォン等で視聴される場合はデータ通信の上限にご注意下さい。

※Zoomのご利用が初めての方は、事前に接続テストができます。
https://zoom.us/test

【お問い合わせ先】
立命館大学生存学研究所オンライン運営事務局
seizongakukikakuあっとまーくgmail.com