障害学会 第10期理事選挙のお知らせ

障害学会 会員各位

第10期 障害学会理事選挙を実施します。
前回に続き、オンライン投票で実施いたしますので、以下の手順に沿って投票してください。

投票期間:2021年6月26日(土)~2021年7月12日(月)17 時
投票数:被選挙人のなかから8名を投票

1.オンライン選挙システムにアクセスする
下記 URLよりオンライン選挙システムにアクセスしてください。

https://service.gakkai.ne.jp/society-member/auth/election/JSDS

2.ログイン画面より会員 ID(会員番号)とパスワードを入力し、ログインする
3.投票する選挙を選択する
4.投票対象者を選択する
5.投票対象者選択の完了
6.投票対象者の最終確認と投票
7.投票の完了
8.オンライン投票システムの操作に関するお問い合わせ先
障害学会事務局
E-mail: g047jsds-support@ml.gakkai.ne.jp

オンライン投票マニュアル
投票マニュアル2021_HP用

以下は、障害学会・第10期理事選挙実施要領です。

2021年6月24日

第10期理事選挙管理委員会
田島明子・與那嶺司・頼尊恒信

「障害学会・理事選出規程」にもとづき、第10期理事選挙を、以下の要領で実施します。
オンライン形式で投票を行いますので、投票に際しては、添付している投票マニュアルをご参照ください。
障害学会の目的は「障害を社会・文化の視点から研究する障害学(Disability Studies)の発展・普及と会員相互の研究上の連携・協力をはかること」にあります(会則第2条)。理事はこの目的を達成するために、理事会を組織し、会長・事務局長のもと、編集委員会・研究企画委員会等の各委員会、および研究大会を運営します。以上の観点をふまえていただき、投票へのご理解・ご協力をよろしくお願いいたします。

【1】選挙権・被選挙権を有する者
・選挙権および被選挙権を有する者は、本選挙実施年である2021年1月1日において、本会会員であり、2021年1月1日までに2020年度分までの会費を完納した者です。ただし、理事を3期連続務めた者は、その被選挙権を有しません【障害学会理事選出規程 第2条】。
・被選挙権者については、同封の選挙人名簿および、会員情報管理システムのマイページよりご確認ください。
・2021年1月1日時点で2020年度までの会費に未納があり、選挙権・被選挙権を有しない方は、オンライン選挙システムにログインをした際に「投票できる選挙がありません」と表示されます。また、被選挙人名簿[画面]には掲載されません。

【2】投票方法と注意点
・投票は、「選挙権を有する者が、被選挙権を有するすべての者の中から8名を無記名により連記し投票する」こととします【規程 第8条】。
・投票は、オンライン投票によって実施します。投票に際しては、別紙、障害学会理事選挙投票マニュアルをご参照ください。なお、オンライン投票の他に、下記の通り、郵送および電子情報による投票が可能です。

【3】郵送および電子情報による投票
・郵送投票および電子情報による投票の申し込みを6月14日まで受け付けておりました。郵送投票を申し込まれた方は、郵送した投票用紙を下記、選挙管理委員会までお送りください。
・投票用紙の返信先
郵送の場合:〒170-0002 東京都豊島区巣鴨1-24-1-4F ガリレオ学会業務情報化センター内 障害学会選挙管理委員会
      なお、所定の投票用紙に不都合がある場合は、自由に投票用紙を作成してください(墨字・点字・ワープロいずれでもかまいません)。その場合、所定の投票用紙を同封してください。
電子情報の場合:別途、ご連絡いたします。電子情報の場合も投票者の匿名性を厳重に確保します。

【4】投票期間
・6月26日(土)~7月12日(月)17時(郵送の場合、7月12日消印有効)

【5】開票と選挙結果の広報
・選挙結果の広報は開票後、すみやかに学会HP等でおこなう予定です。

参考
障害学会理事選出規程